ハイトーンカラー、ブリーチ、金髪ガビガビの髪の毛直し方。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

ちょっと!笑っちゃうぐらいの金髪ガビガビ直し。

とにかく傷んでいるガビガビの髪の毛の治し方。

髪の毛に付いているガビガビ、ガシガシ引っかかる正体を

取り除いてしまえば良いのです。

 

B8rhW47uRty6jZbOwkw8XA

その引っかかる正体は成分名で言えば、

シリコン系(ジメチコン、シクロメチコン、シクロペンタシロキサン)

ブロミド、クロリド系(ステアリルトリモニウム ブロミド、セトリモニウムブロミド

ベヘントリモニウムクロミド、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロミド

)

とかで、

それらを含む商品は

リンス、コンディショナー、トリートメント、洗い流さないトリートメント、

カラーリンス的なもの、ヘアカラーじゃないのに色が染まるとか、

ノンジアミンなのにヘアカラーが染まるとか。。。。

界面活性剤を利用して残留させているのに?

あと、洗濯時に使っている柔軟剤です。

 

 

柔軟剤のタオルで髪の毛を拭く行為がガビガビになる原因です。

(シリコーン系でトリートメントしているサロンで、

柔軟剤を使わないほうがいいって言われた方。)

お客様の方が矛盾を理解してますからね。。。。。。。。。

 

 

とにかく、〇〇ブロミド、〇〇クロリドなど

残留しているケミカルをデトックスすることで

ガビガビの髪の毛の改善が出来る精度が素晴らしく向上しました!

ケミカルデトックス

ストレートアイロン、コテ、ドライヤーの当てすぎなどの

熱系のダメージも、クセが酷い方も、

ケミカルデトックス

 

ご相談くださいませ。

 

シリコーンリムーバー https://www.rhythmhairdesign.com/shop/products/list.php?category_id=17

 

お問い合わせ https://www.rhythmhairdesign.com/contact

子供の頃は髪の毛ストレートだったのにhttps://www.rhythmhairdesign.com/archives/category/子供の頃は髪の毛ストレートだったのに%E3%80%82

昭和の美容法ですよ! https://www.rhythmhairdesign.com/?s=昭和の美容法

柔軟剤病 https://www.rhythmhairdesign.com/archives/category/柔軟剤病%E3%80%82%E3%80%82%E3%80%82

 

りずむヘアデザインweb shop https://www.rhythmhairdesign.com/shop/products/list.php?category_id=0

https://www.rhythmhairdesign.com/archives/category/シリコン病 

https://www.rhythmhairdesign.com/?s=しばりグセ

最低限ノンシリコーン https://www.rhythmhairdesign.com/archives/category/ノンシリコーンが最低条件